忍者ブログ

もっそりと更新する個人的日記。

    

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

親父が倒れてから2日目。

姉が車を運転して9時くらいに病院に行った。

親父は1日目と同じ体勢で同じように頭だけこちらを向けて。
私達を見て泣いた。

容態は落ち着いてはいるが大して変わりはなく、やはり呂律は回らないままだ。
何を言ってるのか解らない為、紙に書いてもらう事にした。

左半身は麻痺しているが、右は動くから字なら書けるだろうと思っていた。
脳がやられている事を忘れていた。

親父もはじめは書く気満々で、ペンを握ったのだが、
漢字はおろか、ひらがなの書き方も忘れているようだった。

それでも浮かんだ文字を書いていく。

象形文字のような漢字。
異様に多い濁点のひらがな。
まっすぐに書けない、大きさも定まらない。

もちろん、文章になんかなってない。

自分の字を見て、親父はまた泣いた。


今は字を書くことはリハビリにもなるし、すごく良い事なんだけど、
この時は親父が以前の親父と違う事を証明しただけだった。

このままじゃ、親父がすこぶるヘコんじゃう!
やっぱり笑顔と元気がなくちゃ脳細胞だって増えないわよ!

と、思った私はその重い空気の場を姉にまかせ、(←自己中)
母と入院用品の買物に行った。

おぉ!あれだあれあれ!あれやろう!
ノートだよ。デスノート!!じゃなくて親父ノートだよ。
別名親父観察日記だよ。

親父の回復記録をつければよいではないか。
今はぶっ倒れちゃってるけど、これからは良くなるしかないんだからさ。
確実な記録があれば、今日は昨日よりも良い感じ!みたいな自信にもつながるっしょ!

と、いうワケで、

母と姉に
「え~、じゃあ今日からこのノートに医者から言われた事、親父に言われた事、
 なんでもいいから書けよ」
とアナウンス。

その日から、親父の血圧、熱、医者の話、看護婦の話、リハビリの話、イッサイガッサイ、
この親父ノートに書き込まれることになった。

後にこのノートが親父記録と、連絡帳以外に役に立とうとは夢にも思っていなかった。

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
Trackback URL
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
UNIQLO CALENDER
COMIC CLOCK
不適に笑えパフォーマー
最新コメント
[08/07 mami]
[07/18 トモカ]
[07/10 mami]
[06/10 shinobu]
[06/10 mami]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
shinobu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]